安全神話のような都市伝説の中で防犯を考える時代に不可欠な防犯カメラが進化?

日本は安全神話のような都市伝説があって
今も昔のようにと思いがちです

都心の日中には、営業マンを装った空き巣がうろついているとか
テレビで見たことがありました

東京では、年々、東南アジアからの外国人が増えています
バブルの頃は、アラブ系が多かったのですが
最近では、アジア系が多く
凄い勢いで急増しています

その結果、町を歩けば
耳に入る言葉は日本語でなく
外国語という皮肉な結果

外人=悪い人という方程式はありません
日本人=良い人という方程式もありません

インフルエンザに誰かが罹っていても
わかりません

インフルエンザは、潜伏期と治った後も
感染するという情報、意外に知らない人が多い
発熱のピークだけに感染力がピークとなるのは事実ですが
意外と世の中知らないことが多いですね

防災防犯防寒をテーマにブログを書き始めましたら
室内用の珍しい防犯ビデオカメラ を見つけました

「備えあれば憂いなし」と心が思える状態が
安心の生活には必要です

良いこととを思えば良いことが起こる
悪いことを思えば悪いことが起こる
という考え方もありますが

まずは、できることから準備したいと思います



防犯ビデオカメラ(匠ブランド)『Ceiling-Eye』(シーリングアイ)

◎斜め下を見下ろすシーリング防犯カメラが登場

■侵入者が気づきにくい天井配置
侵入者からの死角となる天井から見下ろすカメラ。
真下ではなく、被写体の判別可能な斜め下を見下ろす視点で撮影します。

■すぐに使える8GB内蔵メモリ
メモリは内蔵だから、買ってすぐに使えます。

■動体検知録画で欲しいシーンだけ撮る
侵入者の動きをセンサーが検知して自動録画。動きがなければ自動停止。
欲しいシーンだけが残るから、ファイルを探す手間が省けます。

■全ての操作をリモコンで
録画・動体検知録画・写真がリモコン1つで全て操作できます。
送信距離は最大約5m

■AC動作対応&上書き録画で常時駆動
別売のACアダプターで動作させることもできます。ACアダプター動作時は、内蔵メモリが一杯になっても古いファイルを消去しながら上書き録画します。

■Windows 8 動作対応
Windows8(32/64bit)で動作確認済です。